地域別観光地

大峙洞は朝鮮時代にこの地にあった7、8か所の自然集落のうち、大きな峠の下にあった最大のハンティ(ハントとも)マウルを漢字で表記した大峙に由来している。朝鮮時代の大峙洞には、ハンティ、ウムマル、ウムダルチャク、セマル、ノンアンマル、ジュンガンマル、セチョン、アレッマルの8つの自然集落が形成されていた。これらの村はかつて周囲をチョクバク山(現在の大峙洞947番地付近)に囲まれ解放感がなく、また、蚕室の周辺と合わせて、雨が降ると炭川と良才川が氾濫し、農業もままならなかったという。そのため、古くから住民は貧しさの元凶が村を取り囲むチョクバク山にあると考えていたと伝えられている。

大峙洞

한국문화의 집

韓国文化の家
所在地 : ソウル市江南区大峙洞 944-22
ホームページ : http://www.kous.or.kr/kous/
Tel No. : 02-567-6061
友人に紹介する
facebook twitter me2day
大峙洞の洞名の由来は、元々7~8つの自然村うち、大きい峠の下にあるハンティ(またはハント)村を漢字名で大峙としたことから始まった。 韓国文化の家:韓国の伝統文化を理解し、体験できる文化空間であると同時に、国内外の人が一緒に楽しむことができる施設。韓国の公演を鑑賞することができる芸術劇場、伝承工芸作家たちが直接指導する伝統工芸建築学校、伝統茶屋、伝統工芸品と記念品を鑑賞することができる文化商品展示、伝統文化体験教室などの施設がある。
アクセス
地下鉄2号線三成駅4番出口
list
the person in charge
samseong 1-dong Gu Aeja / 02-3423-7803
Apgujeong-dong Lee Jeong-wan / 02-3423-7603
Cheongdam-dong Kim Jongbeom / 02-3423-7704
Sinsa-dong Jeong Haeran / 02-3423-7303
Nonhyeon-dong Im jungbin / 02-3423-7403
Yeoksam 1-dong Kwak jisuk / 02-3423-8604
Daechi 1-dong Kim hyunhee / 02-3423-8303
Suseo 1-dong Choi eunhae / 02-3423-8553
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP003/view.jsp