새로운 페이지로 이동하는 스크립트입니다.
자바스크립트를 지원하지 않아 일부기능이 동작을 하지 않을 수 있습니다.
1초 후 자동으로 이동합니다.

芼三洞

駅三洞は、朝鮮時代の駅村であったマルチュクコリ、ウッバンアダリ、アレッバンアダリの3つを統合し駅三里としたことから名づけられ、1997年に道谷洞事務所から駅三洞事務所が分洞、新設された。1980年4月1日には駅三洞が駅三1洞と駅三2洞に分洞されて現在に至っている。

ウッバンアダリという名称は、バンアダリの上にある村という意味で、現在のテヘラン路、国技院近くにあった集落であった。これらの村は自然発生的に点々と5~10戸が集まり、集落を形成したという。アレッバンアダリとはバンアダリの下にある村という意味で、現在の833番地一帯、駅三初等学校近くにあった村であった。
この村は古くから相互扶助の精神が根付いており、名もなき孝行息子、烈女が多く、駅三洞山21-1では、崇実大学史学科の遺跡発掘団により先史時代の遺物が大量に発掘された。これらを使用していた人々は長さ16m幅3mほどの長方形の住居に暮らしていたと考えられている。
住居地の室内面積は12坪ほどと、当時の一般的な家屋としては大規模で、青銅器時代に属する紀元前7~4世紀の住居地であると推定される。

彦州面駅三里(1914)→彦州出張所駅三洞(1963)
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp