새로운 페이지로 이동하는 스크립트입니다.
자바스크립트를 지원하지 않아 일부기능이 동작을 하지 않을 수 있습니다.
1초 후 자동으로 이동합니다.

細穀洞

細谷洞の洞名は、1914年の行政区域調整に伴い、自然集落の名称であった細川里と隠谷洞の「細」と「谷」の字をとって名づけられたものである。細谷洞は朝鮮時代末まで京畿道広州郡大旺面細川里、隠谷洞地域で、1914年3月1日より広州郡大旺面細谷里となった。行政洞としての細谷洞は1962年末まで京畿道広州郡大旺面の管轄であったが、1975年10月1日には城東区より分離・新設された江南区に移されて今日に至り、細谷洞事務所では変わらず栗峴・紫谷・細谷洞を管轄している。

現在の大旺初等学校がある細谷洞ロータリー付近に細い小川があり、そのほとりに細川里の集落があった。現在、献陵路から隠谷洞に向かうには細川橋を渡らなければならないが、この橋は1957年1月にかけられたもので、細川里にはスルマギという酒場もあった。細川里とともに細谷洞にその名を残す隠谷洞は、献陵路北側の大母山のふもとに位置していた。隠谷洞は別名マンゴル、マグンゴルとも呼ばれ、マグンゴルとは、木を植えて村の水口を塞いだことに由来すると言われ(塞ぐ=マグダ)、隠谷洞から紫谷洞のモッコルに抜ける山道の途中に都堂(ドダン)跡があることからこの山をドダンメと呼んでいた。また、細谷洞362番地には樹齢数百年のケヤキがあり、隠谷洞西側の野原はヨンプンと呼ばれていた。
また、このヨンプンには洞窟があり、その洞窟で火を焚くと、不思議なことに700m離れた都堂跡の老木の幹から煙が立ち上るという。また、隠谷洞からモッゴルに抜ける峠をマコゲと言い、集落の後ろにそびえる大母山には不思議な岩があり、モッゴル側の峰にあるこの岩を叩くと太鼓の音がすると言われる。ビソクコリとは細谷洞118番地の細谷洞 事務所近くの集落で、かつて碑石(ビソク)が建てられていたことから名づけられたものである。
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp