새로운 페이지로 이동하는 스크립트입니다.
자바스크립트를 지원하지 않아 일부기능이 동작을 하지 않을 수 있습니다.
1초 후 자동으로 이동합니다.

三成洞

三成洞は、朝鮮時代末までは京畿道広州郡彦州面奉恩寺・舞童島・タクチョム地域であり、日本による植民地支配中の1914年3月1日にソウル特別市に編入され大峙洞、清潭洞と合わせて修道洞事務所の管轄となった(修道洞の名称は奉恩寺のある修道山にちなんだものと言われている)。その後、1970年5月18日に法定洞と行政洞の名称を一致させるにあたり、修道洞事務所が清潭洞事務所に改称され、1977年9月1日に清潭洞から三成洞が、1985年9月1日には三成路を境に三成1、2洞に分洞されて現在に至る。

三成洞ではタクチョム、舞童島、学堂洞、ペゴチマウル等の自然集落が形成され、中でもタクチョムは舞童島側にあった村で、ここに韓紙の原料である楮(タク)を売る店があったことから名づけられた。

彦州面三成里(1914)→彦州出張所三成洞(1963)div>
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp