새로운 페이지로 이동하는 스크립트입니다.
자바스크립트를 지원하지 않아 일부기능이 동작을 하지 않을 수 있습니다.
1초 후 자동으로 이동합니다.

大峙洞

大峙洞の名称は、かつて存在した7~8か所の自然集落のうち、大きな峠の下にあったハンティ(ハント)村(ハンティ=大きい峰)を漢字で表したものである。朝鮮時代末までは京畿道広州郡彦州面大峙洞、日本による植民地支配中は大峙里であったが、1963年1月1日にソウル特別市に編入され、大峙洞となって今日に至る。
1985年9月1日に大峙2洞から大峙3洞が、1988年7月1日には大峙1洞から大峙4洞が分洞されて今日に至る。ハンティに加え、ウムマル、オダルチャク、セマル、ヌンアンマル、ジュンガンマル、セチョン、アレッマルの8つの自然集落で形成されており、ウムマルは現在の大峙洞975番地一帯、オダルチャクは980番地一帯、セマルは915番地一帯、ヌンアンマルは891番地一帯、ジュンガンマルは910番地一帯、セチョンは98番地一帯、アレッマルは941番地一帯と推定されている。雨が降ると炭川と良才川が氾濫、浸水するために農地は使い物にならず、低地帯には葦ばかりが茂り、耕すこともままならなかったことから、住民は村を取り囲むチョクバク山が貧しさの元凶であると考え、80年代初めまで龍神祭が行われていた。村の繁栄と安寧を願い、吉日を選んで5つの共同井戸の清掃を行い、黒豚の頭と果物を供えて祈りをささげたと言われるが、現在は都市開発により井戸はすべて埋められ、祭祀も中断されている。

朝鮮時代:京畿道広州郡彦州面ハンティマウル→朝鮮時代末:彦州面大峙洞→1914年(日本による植民地支配時代):彦州面大峙里→1963年:ソウル特別市編入(城東区彦州出張所)→1975年:新設された江南区に編入→1980年:三成洞から大峙1、2洞に分洞
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp