住宅

不動産賃貸契約

不動産賃貸前、チェック事項
  • 居住地域を選択します。
    • 出退勤/学校通学時間考慮
    • 韓国に初めて居住する人の場合、外国人居住地側アパート団地やマンションを推薦.
  • ペット許可地域可否を確認します。
  • 식食料品および必要な物資普及が円滑なところなのか確認します。
  • 駐車空間および自動車数を確認します。
  • 子供がいる家庭の場合、通学バスおよび安全そして交通状況をチェックします。
  • 電子機器電圧をチェックします。 110V & 220V / TV:NTSC 60hz
  • 衛星通信アンテナ設置可否をチェックします。 (フランス、ロシア、イタリア放送など)
  • 海外居住者は多くの助けが必要なので、よく助けてもらえる海外言語を話せる不動産業者職員に相談する事が重要です。
契約前、必要な準備
必要な書類
  • - 借家人:外国人登録証カード(個人取り引きのために必要)
  • - 賃貸主:韓国住民登録証複写本と印鑑
  • - 不動産週:財産登記原本(土地/家),土地登記、土地利用計画確認書、賃貸契約書、財産説明書、保証書複写本
  • 賃貸契約書(方法)
    • 住民(企業)登録番号が契約書に書かれている番号と一致するのか確認します。
    • 賃貸料(残金)を出す前契約書をもう一度確認してみます。
    • 賃貸延長をしたい時:賃貸契約日が終わる1,2ヶ月前に賃貸主と不動産に連絡を取ります。
    • 住宅/アパート管理
      • 主要修理事項(暖房、エアコン、水道、ガス、電気、パイプ)は賃貸主が責任をとり履行する。
      • 軽い修理事項は借家人に責任がある。
    • 毎月管理費と保安料金(CAPS/S1あるいは他の保安サービス業者)
    • 論争決議案提供―もし決議案が提供されるならば借家人と賃貸主の間で不必要な合法的論争の時間と費用がかからないでしょう。
契約以後/引越し前確認事項
  • 引越し前、家を確認してみます。
  • 公課金管理および契約書管理を徹底的にします。
  • 電話機、インターネット、TV,保安、火災安全装置を確認してみます。
その他事項チェック
  • - 賃貸契約前賃貸主との関係(借金関係)に問題がないことをはっきりと確認します。
    この頃は不動産職員が借家人に居住地に関する財産所有権と位置事項そして契約書管理などを正確に説明するように法で規制しています。 したがって賃貸主と契約をする時にはいつも几帳面にチェックをしてみた方が良いです。
  • - 賃貸契約の時、近い移民局事務所に行ってパスポートと共に変更された居住地住所を申告しなければなりません。
    その前に近い登記所に訪ねて正確な賃貸契約日を登録してきた方が良いです。
  • - 会社や団体の名義や根抵当あるいは賃借権で賃貸契約が成り立った際に借家人は税務署/登記所で賃貸主と権利に関する論争が発生時権利を主張できます。
    。 ですが、借家人は根抵当や賃借権に関し発生した費用の責任を負わなければなりません。
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp