テヘラン路/ベンチャーバリー

  • 情報通信ベンチャーの通り(距離)テヘラン路
    • 韓国のシルリコンベリーとして知られている江南区(カンナムグ)のテヘランベリーはテヘラン路に沿って発展した商業地域です。 この通りは特にITやインターネット会社など、ベンチャー企業の本拠地です。 また、多くの金融会社、保険会社、貿易会社が位置しています。 POSCO, GS-Caltex, Hyundai Mobis のような大企業の本社がこの地域に移転してきました。 大体のベンチャー会社は江南(カンナム)駅とCOEX / World Trade Centerに密集しています。 (またASEMコンベンションセンターと都心空港ターミナルがあります。)
テヘラン路
  • ベンチャー企業の高い密集道路により「韓国のベンチャーベリー」という別称を持っています。 この地域はより一層膨張して江南区(カンナム区)一帯のすべての地域にかけて広げられています。 ハイテク企業が集中したことによりこの地域は創造と発展の産室の役割をしています。 これを支援するため、この地域は韓国では技術力、交通、施設などにとって最高の基盤施設を持っています。 また、商業支援ができる会社(ベンチャーキャピタル企業、インキュベーション会社、コンサルタント、法律会社など)が盛んです。 ソウル世界貿易センターには大韓民国に投資した外国人投資企業を支援する機関が入居しています。 韓国のadvanced-technologyとベンチャー分野の利用を望む外国人企業はこの地域で創り出す技術力を利用するためにテヘラン路付近で位置計画をたてると役に立ちます。 高い水準の韓国人パートナーを探そうと思う外国人企業はこの地域から探して見ることをお勧めします。
  • ‘テヘラン路’名称
    • テヘラン路は長さ3.7km. 幅40m. 通過地点は驛三洞(ヨクサム洞)であり、江南(カンナム)地域の東から西に渡って通る主要幹線道路です。
    • 1977年6月イランの首都テヘラン市長のソウル訪問とテヘラン市との姉妹提携を記念して両都市の道路の名前を交換することになり、当時‘サムヌンノ’と呼ばれた通りを‘テヘラン路’という名称に変更することになりました。 もちろんテヘラン市にもテヘラン北部国際展示場の近くに「バナックストリート」北端で北側方向には「ドクターチャムラン」高速道路交差点までの3km区間までを‘ソウル路’と指定しています。
テヘラン路
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp