外国人投資インセンティブ

現金支援

  • 政府と地方自治体は日程要件を満足する外国人投資に対して当年外国人投資の高度技術隨伴の有無および技術移転効果、雇用創出規模、国内投資との重複の有無、立地地域の適正性などを考慮して工場施設新築などのために必要とされる資金を現金で支援しています。
  • 現金支援対象
  • 現金支援対象は外国人投資比率が30%以上の外国人投資として次の条件に符合しなければなりません。
    • 外国人投資金額が1千万ドル 以上の産業支援サービス業、高度な技術を伴う事業、部品・素材製造業または、大規模雇用を新規で創り出す投資の工場施設(または、事業場)新・増設投資
    • 産業支援サービス業および高度な技術を伴う事業と関連された分野のR&D研究施設または、外国人が非営利R&D法人に出演した研究施設の新・増設(研究専門担当人材の常時雇用規模が10人以上)
    • 投資金額など基準を充足できないが国内経済に及ぼす効果が大きい場合、外国人投資委員会の審議を経て現金支援可能
      -多国籍企業の地域本部を設立する場合(3ヶ国以上の地域に営業実体を保有した多国籍企業が2ヶ国以上の地域を管轄する場合)
      -地域戦略産業として地域経済発展に寄与する場合
      -国内で生産されない品目やサービスを供給したり先進技術導入を通じて国内産業の競争力を高めることができる場合、
  • 支援率
  • 現金支援率は交渉を経て、最小外国人投資金額(FDI)の5%以上を支援するものの上限線は非公開算式によって決めています。
  • R&Dセンターの場合には外国人投資金額(FDI)以外に海外で調達される研究開発費中規定された用途に使われる資金を含んで算定します。(国内調達資金除外)
  • 法廷使用用途
  • 外国人投資企業は支援された現金支援金を次の用途としてだけ使わなければなりません。
    • 雇用および教育訓練補助金
    • 土地買い入れ・賃貸料
    • 建築費
    • 基盤施設設置費
    • 資本財・研究機資材購入費
  • この時、外国人投資企業に対する賃貸土地購入費は現金支援限度に含んで、現金支援は財政資金支援と重複(支援項目重複は不可)して支援されるが、財政資金支援基準の範囲を超過できません。

現金支援事後管理
  • 申請人の責務
  • 申請人は直接または、間接的に当てられて外国人投資企業を管理して、現金支援契約上の義務と投資支出計画を誠実に履行しなければなりません。
  • 建物、施設および装備などすべての資産(工事中の資産含む)が満足するほどの水準の復旧と交替が成り立てるように損害賠償保険加入または、これに相応する措置を取るべきであり、現金支援を受ける資産の取得のための契約は公開入札、公認鑑定評価、2件以上の見積書徵求など現金支援金が効率的に使われることができる方法で締結しなければなりません。
  • 現金支援を受けた資産にあって事業以外の目的に使ったり、譲渡・交換・貸与したり担保に提供するためには知識経済部長官の事前書面同意を受けなければなりません。 また、現金支援金は配当およびロイヤリティーなどで流出してはならず、当年外国人投資企業は事業以外を目的とする債務保証はできません。
  • 申請人は契約期間中契約の履行を検討できるよう十分な情報を提供するべきであるため、毎年外部監査を受けた決算報告書を知識経済部長官に提出しなければなりません。
  • 現金支援金の管理
  • 土地買い入れ費と賃貸料用途で国家および地方自治体から支援を受けて買いとった用紙は分譲契約後5年内に処分できません。 もし契約後10年内に処分する場合には売却代金中、国家および地方自治体の支援比率に該当する金額を還収されることになります。
  • 教育訓練および雇用補助金用途の現金支援に対しては当年、補助金支給対象勤労者を3年以上雇用するべきであり、3年内解雇時期間比例により補助金追徴します。(ただし、理工系インターン社員除外)
  • 建築費、施設装備購入費、基盤施設設置費用途の支援金と関連した現金支援契約書に明示された外国人投資金額より、実際外国人投資金額が少ない場合、該当比率ほど現金支援金額を減額調整することになります。
  • 現金支援取り消し、撤回、減額、還収など
  • 虚偽・不当な方法による申請、契約上義務未履行、契約期間中不渡りなどによる事業経営不能などの場合、現金支援を取り消し、撤回したり支援金を減額、還収するなどの措置が取られることがあります。 まず契約履行を促して釈明できる機会を付与して以後、実務委員会の審議および議決を経て該当現金支援契約および支援金に対する措置が決定されます。
  • 契約期間中、不渡りなどで事業経営が不可能な場合には申請人が現金支援金を返還する代わりに契約期間延長を要請すると、特別な事情がない限り期間延長を許容し、また返還しなければならない場合、その金額は次の内大きいものをすることになります。 この時、現金支援金の返還義務は外国投資家または、外国人投資企業が各々または、共同で負担します。
    • 投資支出係画履行前に事業を経営できなくなった場合、支給した現金支援金全額
    • 投資支出係画履行後で事業を経営できなくなった場合、契約で約定した事業経営期間に達しない1ヶ月党現金支援支給額の1/60(最大60/60)ずつ加算した金額
    • 契約期間中約定した最小雇用義務を履行できない場合、雇用できない人員1人当り契約で約定した違約金をかけた金額(事業期間延長を通じて最小雇用義務履行可能)
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp