새로운 페이지로 이동하는 스크립트입니다.
자바스크립트를 지원하지 않아 일부기능이 동작을 하지 않을 수 있습니다.
1초 후 자동으로 이동합니다.

租税支援

減免税額計算方法
区分 計算方法
減免税額 • 減免税額=(産出税額×減免対象事業課税課税表/総課税標準)×減免比率
減免比率
(投資額率経過比率)
•一般的な場合(遠視投資だけある場合)
(減免対象の外国投資家資本金/総資本金)×当年事業年度減免率(100,50%)
•現金・配当金増資時の減免比率計算
<<当年事業年度>>
(増資前外国投資家資本金×当年事業年度 減免比率) +(外国人増資資本金×増資登記日から当年事業年度末日までの日数/当年事業年度日数×減免比率)
増資前総資本金+ (増資資本金×増資登記日から党海事業縁も末日までの日数/党海事業縁も日数)
<<増資次の事業年度>>

(増資前外国投資家資本金×当年事業年度減免比率) + (増資資本金中外国投資家資本金×減免比率)
※ 非減免事業を営む外国人投資企業が減免事業のために増資する場合、新しく設置する同減免事業場の資産、借金、損益が区分経理される場合には同減免事業場だけを基準として外国人投資比率を適用、減免所得、減免比率、減免税額を別に産出できます。
申請機関:通関地税関
提出書類
  • - 関税免除申込書
  • - 資本財導入物品明細確認書写
  • - 本現物出資または、現金で導入される資本財であることを証明する書類
  • - 法人税などの減免対象事業であることを証明する書類(租税減免決定書)
  • - Invoice,B/LまたはAWB,価格申告書、Packing List,原産地証明書など

<高度技術首班外国人投資企業と技術導入代価に対する租税減免比較>

区分 外国投資企業に対する租税減免 技術導入代価に対する租税減免
受恵者 • 外国人投資企業、外国打者家 •高度技術提供外国(法)人
減免所得 • 外国投資企業の法人税・所得税、投資家に対する配当所得傾向(税) • 高度技術対が(使用料、ロイヤリティーなど)
減免期間 • 5年間100%、2年間50% • 5年間100%
減免起算日 • 所得発生課税年度(5年以内) • 最初に代価を支給することにした日
関連法条文 • 租税特例制限法121条の2 • 外国人投資促進法25兆、26兆/租税特例制限法121条の6
技術基準 • 国際競争力、高度技術、国内導入3年 未経過など • 国際競争力、高度技術、国内導入3年 未経過など
申込期限 • 企画財政副長官に事業開始日が属する課税年度終了日まで申請(事前確認申請制もある) • 主務副長官に技術導入申告および契約締結日から1年または、最初代価支給日の中、先に到来する日まで租税減免申請
処理期間 • 申請日から20日以内 • 申請日から20日以内
申込書式 • 租税減免申込書(別紙80号書式) • 技術導入代価に対する法人税などの免除申込書(別紙84号書式)
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp