多文化家族支援制度

多文化家族とは?
  • 多文化家庭は国際結婚家庭(韓国人男性+移住女性、韓国人女性+移住男性),移住民家庭(移住労働者、留学生、北朝鮮離脱住民など)を含む限り家尊内に多様な文化が共存している家庭をいいます。
多文化家族の定義
多文化家族の定義
国際結婚家族 韓国人お父さんと外国人お母さんの間で生まれた子供
韓国人お母さんと外国人お父さんの間で生まれた子供
外国人勤労者家庭 外国人勤労者が韓国で結婚して生まれた子供
本国で結婚して形成された家族が国内に移住した家庭の子供
その他移住民家庭 留学生、北朝鮮離脱住民(セトミン)の子供
移住女性ホットライン(移住女性緊急支援センター) tel 1577-1366
  • - 結婚移民者が家庭暴力、性暴行、セクハラ、売春などの状況に置かれた時や家族葛藤、夫婦葛藤、離婚問題で助けが必要な時いつでも相談受けることができます
  • - 6個言語支援(英語、中国語、ベトナム語、モンゴル語、ロシア語、タイ語)
  • - インターネット サイバー相談 http://www.wm1366.or.kr
多文化家族のための教育支援
  • 多文化家族は必要な教育支援を受けることができます。
  • 入学相談
    • 子供の入学問題が難しい場合には地域の教育庁を訪ねて下さい。 必要な書類と手続き、準備しなければならない仕事を案内します。 江南(カンナム)教育支援庁(http://www.knen.go.kr, 02-545-1577)
外国人勤労者子供入学手続き簡素化
  • - 外国人勤労者子供は出入国事実証明または、外国人登録事実証明書提出だけで小学校入学が可能です。
  • - 未登録外国人勤労者子供の場合、借家契約書や隣の居住確認保証書などの提出だけでも子供の学校入学が可能です。
  • 多文化家族教育プログラムおよび相談支援
    • 多文化家族子供の教育支援
      • 進学前児童:韓国語のスピーキング、リスニング、書き、読み取りと基礎数学教
      • 進学児童:放課後韓国語指導と教科指導、多文化体験キャンプ参加
    • 多文化家族両親のための教育プログラムと相談
      • 多文化家族両親のための教育プログラム(ハングル、文化体験、育児と子供の教育など)
      • 結婚移民者が必要とするメントリングサービス
      • 出身国家別食べ物、文化、言語紹介、多文化国家に対する疎通の場進行(多文化アリミ)
      • 機関協約を通した地域ネットワークの強化
機関協約を通した地域ネットワークの強化
  • 健康保険に加入すれば安い費用で医療機関を利用することができるし、無料で健康診断を受けることができ、死亡した時は葬儀費用を支援されます。
  • 国民健康保険登録
    • 韓国国籍がなくても外国人登録をした場合
      • 結婚移民者は韓国国籍がなくても外国人登録をしたとすれば職場に通う場合には職場で、夫婦が職場に通わない場合には地域で健康保険に加入できます。
    • 配偶者が職場加入者の場合
      • 資格取得申告書、外国人登録証、配偶者の家族関係証明書、婚姻関係証明書などの書類を整えて被扶養者で登録できます。
    • 国民基礎生活保障制度の医療給与受給者の場合健康保険に加入しなくても医療恩恵を受けることができます。
      ※ 国民健康保険公団または、各支社 tel : 1577-1000 www.nhic.or.kr
      ※ 国民健康保険外国人専用相談電話 tel : 02-390-2000,02-3270-9161,9338,9835
  • 国民健康保険加入者他無料診療案
    • 医療費が負担な、暮らしが大変な方は無料で治療を受けることができます。 無料診療事業は健康保険および医療給与などの恩恵を受けることができない女性結婚移民者およびその子供などに入院費および手術費を無料で支援する制度です。
      • 国立医療院 tel : 02-2260-7114
      • 各地域の地方医療院(ソウル医療 tel : 02-3430-0201)
      • 赤十字病院(ソウル赤十字病院 tel : 02-2002-8000)
      • 時/道知事が認証した医療機関
        (外国人労働者議員tel:02)863-9966/市立東部病院 02-920-9114)
  • 利用方法
    • 韓国国籍を持つことが出来ない女性結婚移民者は地方医療院、赤十字病院、国立医療院、市/道知事が認証した医療機関などに利用申請をします
    • 申請する時はパスポートまたは、外国人登録証、韓国人配偶者と結婚した事実を確認できる書類を提出しなければなりません。
    • 家庭暴力と性暴行被害女性の場合、憩い場と関連して無料診療サービスを受けることができます。
    • 韓国国籍を取得した女性結婚移民者、健康保険加入者または、医療給与受給者は支援対象から除外されるが、該当者が家出、逃避等で健康保険などを適用を受けることが困難な状態であることを関連団体で確認する場合可能です。
  • 支援費用
    • 入院から退院まで診療費を1人当り500万ウォン範囲内で支援します。
    • 1回当たり診療費が500万ウォンを超過した場合、超過理由書を提出すれば500万ウォンまで追加支援可能です。
    • 1回当たり診療費が1,000万ウォンを超過した場合には超過した金額の80%を支援します。
      (地域により少しずつ違うこともあるので各地域地方医療院、赤十字病院、国立医療院、指定医療機関または、保健所、保健福祉コールセンター(tel:129),村/面/洞住民自治センタに先に相談して下さい)
  • 医療給与制度
    • 経済的に生活が困難な家庭に対して国家が病気/副首相および出産などに必要とされる医療費用を代わりに支払う制度です。.
    • 医療給与の恩恵
      • 国民基礎生活保障法で決める受給権者(最低生計費以下で構成された世帯構成員)に与えられます。 大韓民国国籍の子供を養育する女性結婚移民者も医療給与適用対象者になることができます。
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp