電話

一般電話

一般電話
  • 韓国公衆電話はコイン式公衆電話と先払いカード式公衆電話形態があります。
  • コイン式公衆電話
    • 大体のコイン式公衆電話は10ウォン、50ウォン、100ウォンのコインを使えるし、一部旧型モデルは100ウォンのコインを投じて通話する場合、小銭を返還しない場合があります。
      • 通話時間が3分より少ない場合、2ヶ所通話をできるしこの時、100ウォンのコインが必要です.
    • 通話後小銭が残って受話器を切らなかった場合には、緑色ボタンを押せばまた他の通話をすることができます。
コイン式公衆電話
  • こういう場合金額全体を支払わなかったり、無料で電話をご使用になることもできます。 コイン式公衆電話を使うときはコインを投じた後にダイヤルを押して、受信音以後に通話をすることができます。
  • 先払いカード式公衆電話
    • 先払い式テレホンカードは3,000ウォン、5,000ウォン、10,000ウォン券があり、コンビニ、新聞仮屋台などで販売します。
    • 先払いカード式公衆電話を使うときは、フックにテレホンカードを入れて該当電話番号を押します。 この時、上段のディスプレーにはカード残額が表示されて、追加通話を望む場合には緑色ボタンを押した後、次の電話番号を押します。 通話中、残額が不足してカードを交替孩児する場合には真っ赤なボタンを押して新しいテレホンカードを挿入して下さい。
先払いカード式公衆電話
  • 料金情報
    • 地方電話
      • (課金距離 約30kmすぐおよび隣接通話圏の間) 70ウォン/3分
    • 長距離電話
      • (課金距離31km以上) 70ウォン/43秒
      • (割引時間) 70ウォン/61秒
    • 公衆電話から携帯電話で通話する場合
      • 70ウォン/38
    • 秒割引時間(30%割引)
      • 21:00 ~翌日07:00
料金情報
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp