住宅

家の修理

家の修理過程
  • 1段階
    • 引越しする家を3回以上訪問して、家の構造を正確に把握し、世帯配置図を作成します。(写真取り、長さ再起など)
    • 事前点検事項を把握します。(暖房配管、首都配管、電気コード位置、電話線、ボイラー点検)
    • 修理する場所を決めます。(シンク台、ゲタ箱、底工事、モールディング塗り、上張り、アート壁、天井、照明位置など)
  • 2段階
    • 図面上で家具の配置を正確に把握します。
    • まず、新たな家具のデザイン、スタイル等を決定します。
    • 全体のイメージを決定する繰型、塗装、壁紙、アクセントとなる壁紙の色等を決定します。
    • 共同住宅の場合、ベランダ拡張等の非耐力壁を撤去する必要がある工事の場合、該当棟の住民の1/2以上の同意書を添付して許可申請を行い、許可を受けた上で工事を行う必要があります。また、管理事務所にも工事前に予め工事内容及び期間等を知らせて下さい。
    • 浴室、シンク、下駄箱、床工事、照明器具、天井高変更、塗装の順で工事を進めて下さい。
  • 3段階
    • インテリア業者3ケ所以上見積もりおよび相談を受けるようにします。
    • 工事する前、必ずお隣り、下の家に挨拶して了解を求めなければなりません。
引越し準備点検事項
  • 引越しセンターに連絡します。
  • 各種郵便物連絡先住所を変更します。
  • 電話、インターネット設置を準備します。
  • 都市ガスを切って新居に都市ガス連結を準備します。
  • 本箱、衣類、生活用品などを磨き乾かしたらリ、お手入れします。
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp