새로운 페이지로 이동하는 스크립트입니다.
자바스크립트를 지원하지 않아 일부기능이 동작을 하지 않을 수 있습니다.
1초 후 자동으로 이동합니다.
韓国での税金は、国税と地方税の2種類が全部該当します。 物件購買に対する税金(付加価値税あるいは取得税)物件購買が起きた時ごとに賦課されます。 その他の税金は定期的に納税者に請求されて必ず納付しなければなりません。
国税
地方税
製品を購入したりサービスを提供受ける時、10%の付加価値税が含まれます(VAT)。 すべての商店と食堂はVATが含まれた価格で価格を策定します。 一般的に大型ホテルの場合(ホテル内レストラン)はVATを含まなかった価格を策定して、最後の請求書に付加価値税を加えて計算します。 会社で外国人職員の所得税と税金払い戻しを助けてくれるので、大体の外国人居住者は所有してない財産に対し、税金が賦課されるのを心配しなくても良いです。 すべての税金は銀行および郵便局で振込み用紙形態で納付できます。

居住民の内、税務情報に対して詳しい情報を望む方がいらしたら“国際税金部分財政経済部“ に問い合わせして下さい。(TEL:02-503-9228,Fax:02-503-9229)
自動車税
自動車税は半年ごとに(6月と12月)賦課されて自動車エンジンの大きさにより賦課されます。 自動車所有主は何種類の税金を納付しなければなりません。 自動車購買紙所有者は登録税、取得税そして教育税を納付しなければなりません。 免許税は(免許の種類によって)毎年1回ずつ出さなければなりません。 自動車税は(エンジン大きさにより)毎年2回ずつ(6月と12月)納付します。 教育税は(自動車税の30%)納付される自動車税に一緒に含まれて徴収されます。
不動産税
不動産を売る時、購入者と、購買者は取り引き費用を基準とした、いくつかの目的税を出さなければなりません。 まず、購入者は取得税(2%),登録税(3%),そして教育税(登録税の0%)を納付します。 購買者は所得税(不動産を購入した価格と販売した価格の差額である20~60%)を納付しなければなりません。 家を借りる時、家主が不動産手数料を出さなければなりません。 すべての手数料は家主または、不動産中継人に責任があります。
注意: 政府は手数料金額は景気状況により増加または減少することある。
税関/輸入関税
韓国に持ってきた物品は種類によって税金が賦課されることがあります。 個人別に税金免除物品件の量を確認します。 個人別に許された物品の量を確認して、海外で購入した物購入費用が400$を越える場合、関税が賦課されます。 (400$は購入金額総額)物を郵便または、関税の手荷物に持ってくる場合にも関税の対象になります。
配送費用の時、船積み物品の価値を船積み費用に包含されます。 保護者手荷物がある場合、保護者内容を説明して記入しなければなりません。 2番目税関申告は手荷物清掃で浄化されます。
/WEB-INF/jsp/egovframework/global/cts/CONTP001/view.jsp